クラウドバンクの概要とメリット、種類、注意点

crowdbankクラウドバンク(Crowd Bank)」は、少額からベストな投資資産に投資が出来る新しい運用の形です。

企業や団体に融資をして、その金利を投資家へ還元するスタイルです。

従来、個人では少額投資しか行えませんでしたが、多数の個人から資金を集めることにより、好利回りの大口案件にも投資が出来るようになりました。

もちろん投資の初心者から、大口投資家まで幅広い人が利用することが可能です。

すでに海外では多くの人がインターネットを使って、この運用を活用しています。

 

1.メリット

クラウドバンクのメリットの一つとして、利益が通常より大きくなる点があげられます。

インターネットを使い直接投資取引を行うことで、通常、金融機関でかかる時間や労力を要する審査や資金回収といった業務とともにそれに関わるコストを省くことができるからです。

 

2.種類

ファンドには「中小企業支援型」、「不動産担保型ローンファンド」、「新興国のマイクロファイナンスプロジェクト」、「飲食店海外進出支援プロジェクト」などがあります。

新興国のマイクロファイナンスプロジェクトは、集めた資金を新興国の金融機関に融資することで、貧しい人々に融資できるようにして自立を促すものです。

 

また飲食店海外進出支援プロジェクトは、東南アジアの進出を目指す日本の飲食店を支援する目的のファンドで、海外出店費用や運営費用に使われます。

飲食店は資金調達を目的にする一方、お店を盛り上げ応援してもらう狙いもあります。

 

3.注意点

しかし国内中小企業型ローンファンドなどは、融資先がわかりません。

為替リスクはありませんが売掛金回収リスクがわからないので、その点はネックです。

 

今後、クラウドファンドは益々日本でも広がりを見せていくことと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ