クラウドバンクのデメリット注意点とは

投資目的がはっきりしていて利回りが良いクラウドバンク

クラウドバンクというものは、そのお金を投資するにあたり、何に投資するかがしっかりと分かります。リターンがあり、投資目的が非常にはっきりとしていて安心感があります。

目的ごとに投資家が投資するというスタイルになっています。

 

そのクラウドバンクでは、そのお金をどんな目的に使われるかを分かり易いように写真付きで丁寧に説明をしてくれます。

クラウドバンクなら、自分で投資したいと思ったモノに投資ができます。年率が5%という利回りで、目的が分かれば投資家のリスクをかなり軽減する事ができます。

 

他の事に投資したお金を使われる事もなく、自分で投資した相手をよく観察して見る事で利益がより生み出せるクラウドバンクです。

 

クラウドバンクの魅力は、投資した相手が見える為に、自分で企業しているように投資する事ができるところです。

起業家というマインドを持ち、楽しく投資する事ができる投資方法です。

 

6ヶ月などの短期間の投資もできます。最低金額が3万円から投資ができるという新興国のマイクロファイナンスファンドでは、新興国をより成長させる目的で投資します。

3万円から投資ができるので、負担なくクラウドバンクを始める事ができます。

 

ただ、そのクラウドバンクの場わいには、為替リスクというものがあります。

担保無しのクラウドバンクでは、ハイリスクというデメリットもあります。

 

新興国で馴染みの無い運営会社の情報を知る術が少ないという部分も注意点です。

このページの先頭へ