貯金をそのまま続けるか?運用するか?の境界線

お金がある程度貯まってきたら、それを運用しようかな?と考えている人もいると思います。

貯金だけしていてもほとんどお金は増えないですから、じゃあそれを使って、さらに増やしていこうか?と考えるのは普通だと思います。

 

ただ、問題なのは貯金額しだいでしょうね。

貯金はある程度の金額が貯まるまでは、運用しないで貯めておいた方が良いと思います。

 

ある程度というのはどれくらいか?というと、5000万円くらい貯まるまでは、運用などはしないで、そのまま貯金を続けていった方が良いと思うのです。

何かあったときに対応できるくらいの金額はまず作ってから、余裕ができたところで、そのうちの一部を運用していくというスタイルが理想じゃないか?と思います。

 

運用する場合というのも、一気に使うのではなくて、ちょっとずつ、貯金を一気に減らさないで計画的に使った方が良いでしょう。

 

特に運用をし始めの頃は最初から上手くいくケースの方が少ないので、運用の種類にもよりますけど、株式投資などの場合によってはどんどん損失が広がっていく恐れがあります。

損失を取り戻そうとどんどんお金をつぎ込んでいくと、さらに損失が広がる可能性もあります。

 

あまりリスクの少ない運用の仕方をしていけるならば良いですけど、そうじゃない運用の仕方を考えている場合には計画的に貯金を使っていきましょう。

結論としては、貯金した方が良いのか?運用した方が良いのか?については一定金額までは貯金して、以降は少しずつ運用をした方が良いと思います。

このページの先頭へ