リスクを小さくする積立投資信託の魅力

資産運用には必ずリスクが付き物です。

株や為替は儲かりやすいイメージがありますが、中途半端な知識で巨額を動かし情報も豊富な投資のプロと渡り合おうとするのはリスクが高過ぎます。

 

そこでオススメなのが、投資信託です。手数料などは取られますが、定期的に分配金が配当されます。

プロが運用してくれる点ではリスクはかなり下がりますね。

 

銘柄は数多くの種類がありますが、新興国株などを取り扱うものは国の情勢不安などによる元本割れリスクが高くなるので、初心者にはあまりオススメではありません。

 

初心者の投資デビューにオススメなのは、比較的リスクが少ないとされる株式市場連動型のインデックス型という種類です。
株式市場の動きに連動するので、単一のカテゴリに投資するよりも元本割れリスクが低くなり、値動きの変動も他に比べて少ないといえます。

 

更にリスクを少なくする場合は、積立投資信託があります。
月々決めた額分だけ投資信託を買い足していく方法です。

 

例えば100万円分まとめてある銘柄を購入したとして、その翌月にリーマンショックのようなことが起き、株式市場全体の価格が大暴落してしまえば大きく元本割れしてしまいます。購入時の水準に戻るかどうかも分かりません。

 

一方、月5万円ずつ同じ銘柄を購入していると、大暴落しても傷は浅く、安い金額でより多くの口数その銘柄を買うことができるので、価格が上がってきた時により回復が早くなり利益まで望めます。

 

プロの力を借りて長期的な目線で運用を行う積立投資信託が、初心者の方には一番オススメです。

このページの先頭へ