マンション投資のメリットとデメリット

今後は年金がもらえるかどうか分からない状態なので株や不動産に投資するという人が増えてきています。特にマンションを購入してオーナーになって利益を得るというマンション投資が特に人気となっていますが、どのようなメリットを得る事が出来るのかを見ていく事にしましょう。

 

マンションを購入する時はローンを組む事になりローンが完済するまでは支払い続ける事になります。しかしローンが完済した後はマンションが自分の資産になるので安定した収入を得る事が出来ます。不労所得に近いような感じで老後の生活も安定するというメリットが得られます。

 

マンション投資をすると給与所得とは別に所得を得る形になるので所得税や住民税を節税するという事も出来ます。最近では高齢者が増えていて税金も上がっているので節税する事が出来るというのは大きなメリットになります。

マンション投資はこのようにメリットになる事が目立ちますが、デメリットになってしまう点も少なからずあります。そこでマンション投資をする時に注意するためにもデメリットになってしまう点もしっかり確認していきましょう。

 

マンション投資をする時はオーナーになって利益を得ますが、入居者が少なくて空室が多い状態になってしまうと収入が少なくなってしまいます。収入を多くするには入居者を多くして出来るだけ空室が無い状態にしておく事が大切になってきます。また購入したマンションの価値が下落してしまうと損失が出てしまう可能性があるのでマンション投資をする時はしっかり覚えておく必要があります。

 

女性がマンション投資をしたほうが良い理由

マンション投資は、何を言っても初期投資が大きいため敬遠されがちです。特に女性の場合、一般的に男性に対して収入が少ないことが多いため、借入を行ってマンションを購入するのに及び腰になるかもしれません。
しかしながら、女性の方がマンション投資に向いているとも言えるのです。理由としては、女性のほうが細かいことに気がつくため、投資物件のリフォームなどといった新しい入居者を呼び込むための部屋を造りやすいということが挙げられます。

 

特に、家族世帯が住むようなマンションの場合には、基本的に女性が住むところを決めることが多いため、女性目線から物件を整えることは重要となってくるからです。つまり、家族世帯まで含めた大きなパイを狙えるのが女性の大家さんと言えるのです。
こういった女性目線は物件選びにも生かされます。

 

何を言っても、マンション投資は物件選びが全てと言っても過言ではないでしょう。物件がだめだとどんなに部屋を良くしても借りてくれる人は現れません。女性ならではの物件選びで成功する可能性は高まるのです。

 

そして、マンション投資を始める理由で多いのが老後のため、というのがあります。老後に安定した収入を得るためにも使えますし、そのまま自分が住むこともできます。特に女性は、歳をとってからも身だしなみに気を使います。男性のようにはいきません。そこで、こういったマンション投資からの収益により年金以外からの収入を確保することで生活を楽にすることができるのです。

 

つまり、女性がマンション投資をしたほうが良い理由とは、女性は老後にも必要経費が多く、それを補える収入が必要であること、そしてマンション投資は男性より女性のほうが向いていることが挙げられます。女性である強みを生かしたマンション投資をしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ