電力自由化で請求をまとめることのメリット

電力自由化といってもすでに企業向けには始まっていたシステムです。

新たに個人にまでひろがって、通信事業者、ガス会社、またはその他の業種からも切り替えの宣伝チラシやメールなどが入ってきていると思います。

 

実際にはどれだけ安くなるのか、これが一番の関心事だと思います。

 

家庭によって、一般電力でどの程度利用しているのか、またはもともと夜間電力を有効活用して安いプランを選んでいる場合もあるかもしれません。

しかし、実際に安くなることは間違いありません。

 

一般家庭で年間1000円から2000円安くなる計算をシミュレーション提示する場合もあります。

それよりもお得だと感じるのはあらゆる請求をまとめることによる見える化やコストダウンです。

 

電力そのものよりもさまざまな請求をまとめることで毎月いくらか安くなるというプランはどこでも出しています。

たとえば、通信事業者がインターネット代金と電力をセット契約して請求をまとめることによるコストメリットを訴求ポイントにしている場合もあります。

 

電力切り替えに対しては品質や安全性などを気にされる方も多く、まだまだ広がっていませんが、こうして一括で他のサービスと享受することによるメリットをうまく生かして安くすることを考えてみてはいかがでしょうか。

 

電力の契約を切り替えるにあたっての手数料が発生するわけでもありませんので、いくつかのサービスと見比べて契約をすすめれば問題ないのではないかと思います。

このページの先頭へ