譲れない条件をあらかじめリストアップしておく。

これまで一人暮らしでの引っ越しは、3回ほど経験して来ました。

少ない経験での中ですが、思ったことは、当たり前のことですが、家賃が高ければ広く綺麗な家で、リッチもよく築年数も浅いという事です。

 

しかし、誰もがお金に余裕があり、住みたい家に住めると言うわけではありません。

私の場合、お金に余裕はなく、始めに無理して高い家賃の家に住めるわけではなかったので、いろいろな条件を消去法で削っていき、その中で1番納得のいく家を選んで来ました。

 

そのためには 駅から近いところで家賃が上がるのであれば、駅から多少離れていても家賃が安い家で、その分緑が多い環境など、自分が納得できるようなもう一つの何か。

を見つけながら探していくようにしました。どこの土地に引越しをしても、私の中で譲れない条件というのが、仕事上帰りが夜中になってしまうため、帰宅路にコンビニや街頭が多い場所、オートロックである事、独立洗面台あり、マンションの外観や共有スペースが清潔に管理されている事です。

 

築年数がある程度経っていたとしても、管理会社さんがリフォームなどをされていると、ちゃんとしているイメージになります。

逆に共有スペースにゴミや、タバコの吸い殻などが落ちていたり、エレベーターの中が臭いや、駐輪場がグチャグチャに管理されていると、住人の方が問題のある方が多いのではないかという印象を受け、契約するのを躊躇します。毎日帰ってくる家なので、時間をかけて選び、決して妥協しない事をお勧めします。

このページの先頭へ