ビットコインと電子マネーは違う?さらにその他の魅力や注意点

ひと口に仮想通貨といってもさまざまな種類のものがありますが、その中でも最も人気が高く、活発な取引が行われているのがビットコインです。

ビットコインは、投資の対象として魅力的なのはもちろんのこと、現在では実際に決済に使用できる企業も増えてきています。

 

そういった話を聞くと、「ビットコインは電子マネーなの?」と思われる方もいるかもしれませんが、それは少し違います。

確かに、紙幣や硬貨などを直接使用せずに決済が行えるという点では同じです。

 

しかし、電子マネーはあくまでお金(円など)をチャージして使用するのに対し、ビットコインの場合は「お金(円など)を両替する必要がある」のです。

 

このようにビットコインは、仮想であるとはいえ通貨には違いないので、電子マネーとはしっかり区別しておくべきだといえるでしょう。

 

そんなビットコインを利用する最大のメリットは、「手数料が安い、もしくは無料である」という点です。

通常であれば通貨のやりとりには銀行での手続きなどが必要になりますが、ビットコインはあくまで仮想通貨であるため、そのような手間はかかりません。

 

つまり銀行などの金融機関を介さずに、個人と個人での直接取引が可能になります。

しかもビットコインは電子データですから、直接取引とはいっても、実際に相手と会う必要はありません。

 

このようにビットコインには、誰でもシンプルに取り扱えるような工夫がされているのです。

ただし、ビットコインを投資対象とする場合は、注意すべき点もあります。

 

ビットコインに限らず、たとえば株式などでも同じなのですが、投資には必ず「価格の変動リスク」が伴うからです。

ですからビットコインに投資する際は、自分が持つ資産の中で無理のない範囲で実践するようにしましょう。

このページの先頭へ