ネムは資金の少ない個人投資家に優しい新しい仮想通貨

ネム(NEM)とビットコインの大きな違いは、今からでも個人投資家が参入しやすい仮想通貨な事です。

ビットコインのようなマイニング(採掘)という概念が無く、マイニングによる報酬もありません。

 

マイニングは莫大な資金力がある投資家が有利で、資金の少ない個人投資家に不利です。

ビットコインは仮想通貨が平等に分配されずに、一部のお金持ちに仮想通貨が集中する可能性があります。

 

ネムの場合は一部のお金持ちの投資家達が独占しないような新しいアルゴリズムPoIが使われています。

 

ネムネットワーク内のユーザーの質に応じて報酬(ハーベスティング)を決められます。

このアルゴリズムはとても評価されており、賛同している人も多くいます。

 

他にはセキュリティ の高さも売りです。

EigenTrust++という評価システムを使用しており、購入したユーザーの質を常に評価しています。

 

問題のあるユーザーは参加出来ないようになっていて、ハーベスティングの報酬も低くなってしまいます。

単純に仮想通貨を多く所持しているだけでは「質が高いユーザー」とは評価されず、仮想通貨を大きく取引したユーザーが評価されます。

 

必然的に仮想通貨を全く取引しないで独占するユーザーは排除されてしまい、一部のお金持ちによる独占はなくなります。

 

ネムは時価総額No.4の通貨ですが、まだ購入しやすい価格です、日本の取引所でも扱っていますし将来性を考えて購入しておくのも良いでしょう。

このページの先頭へ