リスクが少ない資産運用なら定期預金

手元にある300万円を資産運用するならみなさんはどうされるでしょうか。

普通の人からすれば、300万円は大金です。

 

決してリスクを犯して、損をしたくはありません。

できるだけリスクが少ない資産運用を心がけるはずです。

 

では、実際にリスクが少ない資産運用としてどのようなものがあるのでしょうか。

 

定期預金

元本割れのない資産運用は定期預金です。

日本の場合は1000万円まではペイオフとして預金が保護されますので、定期預金として預けておけば自動的に金利によって資産が増えてきます。

 

とはいえ、現在日本は低金利時代です。実際に300万円を預けても、1年間で1000円にも満たないほどの利息しかつかないということが普通に起こり得ます。

 

しかし、最近ではネット銀行なども新しく業務を始め、金利が他の銀行よりも高い場合もあります。

キャンペーンを行っているところもありますので、まずはそうした定期預金で金利が高いところを捜すというのが一つの良い方法と言えます。

 

社債

次に狙い目なのが社債です。

上場企業の社債は利回りが1パーセント以上というところもあります。

 

償還期間は企業によって違いますが、銀行の定期預金よりも利回りが遥かに良いのが魅力です。

企業として信頼できるということが分かれば、社債を購入しておくことも良い方法です。

 

このように、リスクが少ない資産運用となると、やはりできる方法はかなり限られてしまいます。

資産運用にはある程度のリスクがつきものですので、短期ではなく長い目で運用する覚悟が必要です。

このページの先頭へ