「クラウドバンクの基礎知識」の記事一覧

利回り5%を超える比較的安全な資産運用があります

クラウドバンクは新しい資産活用の方法を提供してくれる会社です。 一人ではなく、たくさんの方から資金を集めそれを投資に回し運用することによって個人での投資では得ることの出来ない好利回りを得ることが出来るのがクラウドバンクの特徴です。   普通に銀行にお金を預けていても0.1%もあるかどうかの金利ではお金が増えたことを実感することは不可能です。 それに対してクラウドバンクで提供されている投資案件はみな5%を超えています。 6ヶ月という短期のものでも年間の予想利回りは5%。 12ヶ月以上のものになれば5.2%を超える高さです。   資産運用ですからリスクが全くないわけではありません。 ですが、リスクはありますがとても低くなっています。   それでいて、銀行などでは考えられない利回り。 逆に不安を感じてしまうかも知れません。   その利回りの高さの秘密と言えるのが、銀行や金融機関を通さず証券会社が直接サービスを行っていることが挙げられます。 銀行などはシステムの維持や様々な人件費などが発生しており、預金者に還元されるお金はほんのわずかです。   クラウドバンクはインターネット上でのサービスである利点、人件費や維持費の少なさを利用して利用者に多くの利回りとして還元しています。   口座の解説や取引に手数料も発生しません。 そして、1万円からの少額投資が可能です。 まずはお試し感覚でクラウドバンクを体験してみてはどうでしょうか?   海外ではかなり普及しているこの方法。 早く取り入れればそれだけメリットがあります。

クラウドバンクの概要とメリット、種類、注意点について

クラウドバンクの概要とメリット、種類、注意点 「クラウドバンク(Crowd Bank)」は、少額からベストな投資資産に投資が出来る新しい運用の形です。 企業や団体に融資をして、その金利を投資家へ還元するスタイルです。 従来、個人では少額投資しか行えませんでしたが、多数の個人から資金を集めることにより、好利回りの大口案件にも投資が出来るようになりました。 もちろん投資の初心者から、大口投資家まで幅広い人が利用することが可能です。 すでに海外では多くの人がインターネットを使って、この運用を活用しています。   1.メリット クラウドバンクのメリットの一つとして、利益が通常より大きくなる点があげられます。 インターネットを使い直接投資取引を行うことで、通常、金融機関でかかる時間や労力を要する審査や資金回収といった業務とともにそれに関わるコストを省くことができるからです。   2.種類 ファンドには「中小企業支援型」、「不動産担保型ローンファンド」、「新興国のマイクロファイナンスプロジェクト」、「飲食店海外進出支援プロジェクト」などがあります。 新興国のマイクロファイナンスプロジェクトは、集めた資金を新興国の金融機関に融資することで、貧しい人々に融資できるようにして自立を促すものです。   また飲食店海外進出支援プロジェクトは、東南アジアの進出を目指す日本の飲食店を支援する目的のファンドで、海外出店費用や運営費用に使われます。 飲食店は資金調達を目的にする一方、お店を盛り上げ応援してもらう狙いもあります。   3.注意点 しかし国内中小企業型ローンファンドなどは、融資先がわかりません。 為替リスクはありませんが売掛金回収リスクがわからないので、その点はネックです。   今後、クラウドファンドは益々日本でも広がりを見せていくことと思います。

クラウドバンクのデメリット注意点とは

投資目的がはっきりしていて利回りが良いクラウドバンク クラウドバンクというものは、そのお金を投資するにあたり、何に投資するかがしっかりと分かります。リターンがあり、投資目的が非常にはっきりとしていて安心感があります。 目的ごとに投資家が投資するというスタイルになっています。   そのクラウドバンクでは、そのお金をどんな目的に使われるかを分かり易いように写真付きで丁寧に説明をしてくれます。 クラウドバンクなら、自分で投資したいと思ったモノに投資ができます。年率が5%という利回りで、目的が分かれば投資家のリスクをかなり軽減する事ができます。   他の事に投資したお金を使われる事もなく、自分で投資した相手をよく観察して見る事で利益がより生み出せるクラウドバンクです。   クラウドバンクの魅力は、投資した相手が見える為に、自分で企業しているように投資する事ができるところです。 起業家というマインドを持ち、楽しく投資する事ができる投資方法です。   6ヶ月などの短期間の投資もできます。最低金額が3万円から投資ができるという新興国のマイクロファイナンスファンドでは、新興国をより成長させる目的で投資します。 3万円から投資ができるので、負担なくクラウドバンクを始める事ができます。   ただ、そのクラウドバンクの場わいには、為替リスクというものがあります。 担保無しのクラウドバンクでは、ハイリスクというデメリットもあります。   新興国で馴染みの無い運営会社の情報を知る術が少ないという部分も注意点です。

クラウドバンクがFXよりも優れている理由

何に投資をしているかが明確なクラウドバンク 資産運用をするにあたって、株式を購入したり証券会社にお金を預け入れたりする方法が挙げられますが、いずれもその先が見えにくいというのが実情です。 投資したお金を各企業や証券会社のプロが運用していくことになりますが、契約条件の範囲内で投資者が想定していたこと以外に活用されることもあるため、その結果が運用失敗につながるケースがあります。   そこでクラウドバンクへ投資をすることになれば、何に投資をしているかが明確になります。 これまではクラウドファウンディングのように、プロジェクトに共感をして寄付をするような感覚で入金をするという形はありましたが、クラウドバンクではあくまで利益を上げることに重点が置かれていますので、成功すると見込まれるファンドへ投資をすれば良いのです。   もし最低成立金額に到達しなければ運用は開始されませんので、不十分な形でプロジェクトがスタートしてしまう心配はありません。 多くの人が利益を見込めると判断したものであれば多くのお金が集まり、予定通りプロジェクトが始まりますので運用が成功する可能性は高まっていきます。   運用の状況については月次レポートなどで確認をすることで、最新情報を入手することができますので安心です。 どのファンドにおいてもリスクは当然のことながらありますが、クラウドバンクではFXのように出資した金額以上の損失が出ることはありませんので、無理のない範囲で少額投資をし好利回りを期待すれば良いのです。

クラウドバンクのメリットって何なの?

金利の低い銀行預金よりも高利回りが期待できるクラウドバンクがお勧め クラウドバンクは少額の資金で好利回りの案件に投資ができると言われているサービスです。 メリットはまさにその点に尽き、従来好利回りの投資案件は大きな資金を必要としていましたが、クラウドバンクであれば自分の投資額が少額であっても、他者の投資資金と合わせて好利回りの投資が可能です。   もちろん、他者の投資額と合わせたからといって、配当額が均等になるわけではありませんが好利回りの案件に少額で投資できるので、投資のリスクもそれだけ低いということになります。   また、クラウドバンクの場合一般的な銀行や金融機関を介しての投資と異なりインターネットの優位性により中間コストが安価で、その分利益率も良いです。 また、クラウドバンクの主軸となる利益は貸し付けによって発生している為長ければ長いほど顕著になります。   逆を言えば短期的に利益を生み出す仕組みではない為、投資額が少額の場合は期待するよりも利益配分は見込めない可能性が高いので、少額で投資ができるといっても短期的に大きな利益を期待している人にはクラウドバンクは向かない可能性があり注意が必要です。   むしろ少額であるからこそ短期的な視野ではなく長期的視野で捉えて資金を複利で増やしていきたいという発想の方が、長期安定及びリスク分散にも配慮したクラウドバンクでの投資方法には合致すると思われます。   現在、クラウドバンクでの投資は予想年間投資利回りが5.2%とも言われており、利子率の低い銀行にただ預金しているくらいであれば、クラウドバンクで長期的な投資をしてみるのも良いのではないかと思います。

クラウドバンクとクラウドファンディングの違いとは

今注目の投資信託、クラウドバンクとは 今、注目を集めている投資信託に、クラウドバンクというものがあります。 これに似たもので、クラウドファンディングというものがありますが、こちらは何か明確な目的のために必要な費用を募集しているところに対して、賛同する形で資金を援助するものです。   よって、資金運用というよりも寄付を募るような場合に使われることが主流になっています。   それに対しクラウドバンクは、投資信託と同じように、きちんとリターンがあるのが特徴です。 しかも、今までの投資信託と違い、一体何に対して投資しているのか、内容を詳しく理解したうえで始められるので、とても注目を集めています。   株だと、自分の注目する会社や業界に対しての投資をするわけですが、その投資したお金が、実際にどういう形で何に使われているか…ということまでは知り得ないのが実情です。   しかし、クラウドバンクの場合は、投資をしてほしいプロジェクトや目的というものが明確で、とても細かいところまで情報公開して資金を募っているので、リスクを回避しやすいです。 本当に有力で将来が期待できるプロジェクトを見極めて投資できれば、かなりの利回りも期待できます。   このクラウドバンクは、起業をしたり、プロジェクトを成功させたい人だけでなく、投資する側にもメリットが多く、双方にとって有益な方法として、これからも成長が期待できる分野であることは間違いありません。

クラウドバンクと投資信託はどちらが安全なのか?

クラウドバンクは慎重に 「クラウドバンク」とは投資信託に似たシステムですが、投資する対象がはっきりしている点です。 投資信託の場合投資する業界や銘柄がある程度決められているだけで、実際の運用はファンドマネージャーが行います。 一方のクラウドバンクは投資する対象が決まっています。   たとえば、「ある遺伝子研究に投資するので資金を集めます」という感じです。 資金を集める人にとっては大規模に投資家を募るよりも、ネットで投資家を募集できますので手間が省けます。   一方、投資家としては当たれば少額から投資できるというメリットがあります。 また自分が詳しい分野なら投資しやすいので遺伝子研究に詳しい人なら、リスクを理解しやすいというメリットがあります。   しかしリスクもあります。一番のリスクは資金を集める人の能力です。 有能な人ならいいんですが無能な人なら、失敗するリスクが高くなります。   投資信託の場合しっかりとした会社が運用しているのでそういう心配は必要ありませんが、クラウドバンキングの場合資金を集めている人の能力を知ることはむつかしいことが問題です。   ですのでクラウドバンキングはよほど慎重にするする必要があります。 日本ではこのクラウドバンクが広まったのはまだ最近ですが、アメリカでは一般的でクラウドバンクがきっかけで大きな会社になった例もありますが、ほとんどは失敗しています。   ですので普通の投資信託のほうが安全と言えるでしょう。

クラウドバンクの仕組みとは

他の投資に比べて安心感を持てるクラウドバンク クラウドバンクというのはクラウドファンディングと投資信託を合わせたような投資法です。 基本的にはこのような事業でお金が必要なので提供して欲しいということを提示され、その事業に寄付をするような形で投資します。   この事業が形となった所で投資した金額を一定の倍率で返還され、この時点で多額の利益を得られることが多いです。 ただクラウドバンクというのは確実に成功するわけではないということも注意して欲しいと思います。   投資信託の場合は使用用途が分からないという問題もあり、これは本当に返ってくるのかと心配することが多いですね。 しかしクラウドバンクの場合は事業内容を明確に提示しており、自分で納得できたものに対して飲み投資できるというメリットがあります。   情報を開示してくれるというのは投資に置いてとても重要な部分ですから、それを実現してくれることはとてもいいことなのです。 よってリスクが大幅に軽減され、投資をすることに対していいことが多くなっていると言えます。   自分の知っている事業だけに投資できれば、割と返ってくる可能性というのは高まるはずです。 クラウドバンクはその情報を明確に提示することによって、ピンポイントで投資をすることが出来るというのが素晴らしい所です。   利用する業者というものをしっかりと比較していけば、それなりに利益を得やすい投資をすることが出来ると思います。 これからはクラウドバンクで寄付と投資を合わせるタイプが増えてくるでしょう。

このページの先頭へ