「安全な堅実投資の知識」の記事一覧

ビットコインをマネパカードにチャージする方法

マネパカードは6つの通貨をチャージして利用できるカードで、日本でも海外でも使えて、マスターカード提携店でも使えるようになっています。 クレジットカードではなく、プリペイドカードになっています。   なのでクレジットカードの様な入会時の与信審査はなく、日本在住の15歳以上の方であれば原則誰でも申し込むことができます。 国内では最大2%の還元率を誇り、海外で外貨を使う場合も日本最安の手数料で使えるお得なカードになっています。   さらにマネパカードは日本最大級のビットコイン取引所Zaifと提携しているので、ビットコインをマネパカードに直接チャージして使うことができます。   利用方法はまずZaifにログインし、「出金&チャージ」を依頼します。次にZaifで指定金額分のビットコインを売却し、マネパカードにチャージします。 するとマネパカードから利用者にチャージが完了したという通知が来て、マネパカードが利用可能になります。   このサービスを利用するにはZaifとマネパカードの両方の口座が必要です。 Zaif、マネパカードともに入会金・年会費などは無料です。   また、ビットコインのチャージ手数料も無料です。 出金とチャージ依頼は24時間365日でき、平日11時59分までに操作を完了すれば当日の16時にチャージされます。   1日あたりのチャージ金額上限は10万円です。土日・祝日の出金・チャージ依頼が反映されるのは土日・祝日が明けた平日の16時になってしまうので注意が必要です。

ネムは資金の少ない個人投資家に優しい新しい仮想通貨

ネム(NEM)とビットコインの大きな違いは、今からでも個人投資家が参入しやすい仮想通貨な事です。 ビットコインのようなマイニング(採掘)という概念が無く、マイニングによる報酬もありません。   マイニングは莫大な資金力がある投資家が有利で、資金の少ない個人投資家に不利です。 ビットコインは仮想通貨が平等に分配されずに、一部のお金持ちに仮想通貨が集中する可能性があります。   ネムの場合は一部のお金持ちの投資家達が独占しないような新しいアルゴリズムPoIが使われています。   ネムネットワーク内のユーザーの質に応じて報酬(ハーベスティング)を決められます。 このアルゴリズムはとても評価されており、賛同している人も多くいます。   他にはセキュリティ の高さも売りです。 EigenTrust++という評価システムを使用しており、購入したユーザーの質を常に評価しています。   問題のあるユーザーは参加出来ないようになっていて、ハーベスティングの報酬も低くなってしまいます。 単純に仮想通貨を多く所持しているだけでは「質が高いユーザー」とは評価されず、仮想通貨を大きく取引したユーザーが評価されます。   必然的に仮想通貨を全く取引しないで独占するユーザーは排除されてしまい、一部のお金持ちによる独占はなくなります。   ネムは時価総額No.4の通貨ですが、まだ購入しやすい価格です、日本の取引所でも扱っていますし将来性を考えて購入しておくのも良いでしょう。

ライトコインは取引しやすい仮想通貨です。

近年は仮想通貨を投資目的で所有する人が多いです。仮想通貨として最も有名なのがビットコインですが、実はそれ以外にも複数の仮想通貨があります。 最近話題になっているのがライトコインという仮想通貨ですが、これはビットコインと比較すると多少特徴が違います。   ライトコインは元々ビットコインから派生した仮想通貨ですが、ビットコインの欠点というべきところを上手に改善したものといえます。 まずライトコインの大きな特徴としては、決済するスピードがとにかく早いことです。   ライトコインはビットコインの約5分の1の早さで決済を行うことが可能なので、取引に時間をかけたくないという人や本業が忙しくて取引する時間が簡単に取れないという人にはおすすめの仮想通貨です。 また仮想通貨ではインターネット上で採掘という行動を取ることで無料で手に入れることもできますが、ビットコインの場合はその難易度が高く、人によってはうまく採掘することができないこともあります。   しかしながらライトコインの場合はビットコインの欠点を補っている分、採掘はより難易度の低いものになっています。 そのためビットコインでは取引がうまくいかないという場合に使ってみるのもいい方法です。   ライトコインの難点としては、現時点では日本においては取引できる箇所がコインチェックのみしかないということです。 なので日本においてはまだ使いづらいところもありますが、性質上は簡単に扱えることから取引をしても損はない仮想通貨であると思われます。

時価総額3位のリップルはまだまだ成長する? 投資価値はある?

世の中に存在する仮想通貨は、今や700種類以上とも1000種類以上とも言われ、その数は現在でも増え続けています。 星の数ほどある仮想通貨の中で、リップルはリップルコインとも呼ばれ、ビットコインとイーサリアムに続く時価総額3位の仮想通貨です。   時価総額とは、Market cap(マーケットキャップ)とも呼ばれ、仮想通貨の価格×仮想通貨の供給量で計算されます。 時価総額は多くの投資家が注目する判断材料となりますが、リップルは3位なので、注目度と将来性の高い通貨と言えます。   ただし、時価総額の高さだけで投資を行うのはリスクが高いので、実際には時価総額の上昇率もチェックする必要があります。   リップルの去年1年間の上昇率は5.43倍です。 ビットコインが2.81倍で、イーサリアムが4.94倍なので、リップルは3位ながらも上位の通貨に負けない投資価値があります。   リップルとビットコインの違いは、ビットコインは名前自体が仮想通貨の名前ですが、リップルはサービスの名前という違いがあります。   ちなみに、リップルの仮想通貨としての名前は「XRP」です。 リップルに投資するメリットですが、リップルはさまざまな金融機関・企業などとと連携を強め、利用価値を高め続けているので、まだまだ将来が期待できます。   リップルに投資するデメリットは、他の通貨とは取引方法が異なる点にあり、そのためリスク回避法や、リスクを低く抑える方法も変わってくることです。 リスクに関する情報収集をしっかり行ってから投資することをおすすめしますよ。

ビットコインの価値に加えて細かい取引内容や条件履行の約束を電子台帳に保存可能なイーサリアム

イーサリアムは、ビットコインの従来の機能に加えてスマートコントラクトという特殊なメリットも掛け合わせた仮想通貨です。   スマートコントラクトはそのまま訳すと賢明な契約という意味ですが、誰かに送金した時に付いてくる契約内容や絶対的な履行を約束する誓約書を自動的に電子台帳に記録できる機能があるので、第三者に情報を勝手に改ざんされにくい強いセキュリティー面を持っています。   ちなみにイーサリアムを入手する方法は主に3つあり、先ず1つはビットコインと同様に取引所で購入する、2つ目は知り合いに分けてもらう、そして3つ目は採掘するという方法が代表的です。   もし仮想通貨の利用が初心者で女性の場合は、イーサリアムを採掘して入手する方法はとても難関な手段ですので、先ずは国内で知名度の高いビットコインの取引所で個人の口座を開設して購入するのがお勧めです。   今のところ、シンプルに日本円でイーサリアムを購入できる窓口はcoincheckと、ビットコインが主流のビットフライヤーという取引所の2つが一番信頼でき、女性でも問題なく利用しやすいです。 参考:【仮想通貨の始め方】【資料】日本の主な取引所一覧 特にビットフライヤーは国内の大企業が株を出資して経営を手助けしてるので、短時間のうちに手持ちのビットコインから素早くトレードしやすい長所があります。   ただイーサリアムはビットコインとは違い、まだ将来性が不透明な未知数の仮想通貨と言われており、ハッキングなどの詐欺に遭った時の補償制度が全く成り立ってないのがデメリットなので、あまり多くの額を持ち過ぎないように気を付けましょう。

ビットフライヤーについての基礎的な知識

ビットフライヤーは仮想通貨の取引所で2014年に業務を開始しています。 まだ業務を開始してから数年しか経過していないので仮想通貨の取引所としても歴史があるというわけではありません。   それにもかかわらず日本国内外で10箇所を超える仮想通貨の取引所の中でもビットフライヤーが存在感を出しているのはビットフライヤーには国内の有名な企業が多数出資をしていることからです。 複数の有名な企業から出資を受けているということはビットフライヤーに信頼性があり、将来性もある判断していいでしょう。   ビットフライヤーで取り扱っている仮想通貨はビットコインとイーサリアムでこの二つの仮想通貨は世界の仮想通貨の取引量でトップワンとトップツーとなっています。 ビットコインは仮想通貨の中でも桁違いの取引量ですから、他の取引所でもほとんどが取り扱っています。   もう一つのイーサリアムは優れたシムテムを持っているためにどんどん取引量を増やしている仮想通貨です。   ビットフライヤーの優れている点は主に2つあります。 一つは取引手数料が非常に安いことです。ビットフライヤーでのビットコインの取引手数料が無料です。   これは他の取引所ではあまりないので、ビットフライヤーがかなり優れていると言えます。 もう一つはビットフライヤーではビットコインの取引単位が非常に小さいことです。大きなお金を用意しなくてもビットコインを購入することができるということになります。

ビットコインと電子マネーは違う?さらにその他の魅力や注意点

ひと口に仮想通貨といってもさまざまな種類のものがありますが、その中でも最も人気が高く、活発な取引が行われているのがビットコインです。 ビットコインは、投資の対象として魅力的なのはもちろんのこと、現在では実際に決済に使用できる企業も増えてきています。   そういった話を聞くと、「ビットコインは電子マネーなの?」と思われる方もいるかもしれませんが、それは少し違います。 確かに、紙幣や硬貨などを直接使用せずに決済が行えるという点では同じです。   しかし、電子マネーはあくまでお金(円など)をチャージして使用するのに対し、ビットコインの場合は「お金(円など)を両替する必要がある」のです。   このようにビットコインは、仮想であるとはいえ通貨には違いないので、電子マネーとはしっかり区別しておくべきだといえるでしょう。   そんなビットコインを利用する最大のメリットは、「手数料が安い、もしくは無料である」という点です。 通常であれば通貨のやりとりには銀行での手続きなどが必要になりますが、ビットコインはあくまで仮想通貨であるため、そのような手間はかかりません。   つまり銀行などの金融機関を介さずに、個人と個人での直接取引が可能になります。 しかもビットコインは電子データですから、直接取引とはいっても、実際に相手と会う必要はありません。   このようにビットコインには、誰でもシンプルに取り扱えるような工夫がされているのです。 ただし、ビットコインを投資対象とする場合は、注意すべき点もあります。   ビットコインに限らず、たとえば株式などでも同じなのですが、投資には必ず「価格の変動リスク」が伴うからです。 ですからビットコインに投資する際は、自分が持つ資産の中で無理のない範囲で実践するようにしましょう。

譲れない条件をあらかじめリストアップしておく。

これまで一人暮らしでの引っ越しは、3回ほど経験して来ました。 少ない経験での中ですが、思ったことは、当たり前のことですが、家賃が高ければ広く綺麗な家で、リッチもよく築年数も浅いという事です。   しかし、誰もがお金に余裕があり、住みたい家に住めると言うわけではありません。 私の場合、お金に余裕はなく、始めに無理して高い家賃の家に住めるわけではなかったので、いろいろな条件を消去法で削っていき、その中で1番納得のいく家を選んで来ました。   そのためには 駅から近いところで家賃が上がるのであれば、駅から多少離れていても家賃が安い家で、その分緑が多い環境など、自分が納得できるようなもう一つの何か。 を見つけながら探していくようにしました。どこの土地に引越しをしても、私の中で譲れない条件というのが、仕事上帰りが夜中になってしまうため、帰宅路にコンビニや街頭が多い場所、オートロックである事、独立洗面台あり、マンションの外観や共有スペースが清潔に管理されている事です。   築年数がある程度経っていたとしても、管理会社さんがリフォームなどをされていると、ちゃんとしているイメージになります。 逆に共有スペースにゴミや、タバコの吸い殻などが落ちていたり、エレベーターの中が臭いや、駐輪場がグチャグチャに管理されていると、住人の方が問題のある方が多いのではないかという印象を受け、契約するのを躊躇します。毎日帰ってくる家なので、時間をかけて選び、決して妥協しない事をお勧めします。

電力自由化で請求をまとめることのメリット

電力自由化といってもすでに企業向けには始まっていたシステムです。 新たに個人にまでひろがって、通信事業者、ガス会社、またはその他の業種からも切り替えの宣伝チラシやメールなどが入ってきていると思います。   実際にはどれだけ安くなるのか、これが一番の関心事だと思います。   家庭によって、一般電力でどの程度利用しているのか、またはもともと夜間電力を有効活用して安いプランを選んでいる場合もあるかもしれません。 しかし、実際に安くなることは間違いありません。   一般家庭で年間1000円から2000円安くなる計算をシミュレーション提示する場合もあります。 それよりもお得だと感じるのはあらゆる請求をまとめることによる見える化やコストダウンです。   電力そのものよりもさまざまな請求をまとめることで毎月いくらか安くなるというプランはどこでも出しています。 たとえば、通信事業者がインターネット代金と電力をセット契約して請求をまとめることによるコストメリットを訴求ポイントにしている場合もあります。   電力切り替えに対しては品質や安全性などを気にされる方も多く、まだまだ広がっていませんが、こうして一括で他のサービスと享受することによるメリットをうまく生かして安くすることを考えてみてはいかがでしょうか。   電力の契約を切り替えるにあたっての手数料が発生するわけでもありませんので、いくつかのサービスと見比べて契約をすすめれば問題ないのではないかと思います。

マンション投資のメリットとデメリット

今後は年金がもらえるかどうか分からない状態なので株や不動産に投資するという人が増えてきています。特にマンションを購入してオーナーになって利益を得るというマンション投資が特に人気となっていますが、どのようなメリットを得る事が出来るのかを見ていく事にしましょう。   マンションを購入する時はローンを組む事になりローンが完済するまでは支払い続ける事になります。しかしローンが完済した後はマンションが自分の資産になるので安定した収入を得る事が出来ます。不労所得に近いような感じで老後の生活も安定するというメリットが得られます。   マンション投資をすると給与所得とは別に所得を得る形になるので所得税や住民税を節税するという事も出来ます。最近では高齢者が増えていて税金も上がっているので節税する事が出来るというのは大きなメリットになります。 マンション投資はこのようにメリットになる事が目立ちますが、デメリットになってしまう点も少なからずあります。そこでマンション投資をする時に注意するためにもデメリットになってしまう点もしっかり確認していきましょう。   マンション投資をする時はオーナーになって利益を得ますが、入居者が少なくて空室が多い状態になってしまうと収入が少なくなってしまいます。収入を多くするには入居者を多くして出来るだけ空室が無い状態にしておく事が大切になってきます。また購入したマンションの価値が下落してしまうと損失が出てしまう可能性があるのでマンション投資をする時はしっかり覚えておく必要があります。   女性がマンション投資をしたほうが良い理由 マンション投資は、何を言っても初期投資が大きいため敬遠されがちです。特に女性の場合、一般的に男性に対して収入が少ないことが多いため、借入を行ってマンションを購入するのに及び腰になるかもしれません。 しかしながら、女性の方がマンション投資に向いているとも言えるのです。理由としては、女性のほうが細かいことに気がつくため、投資物件のリフォームなどといった新しい入居者を呼び込むための部屋を造りやすいということが挙げられます。   特に、家族世帯が住むようなマンションの場合には、基本的に女性が住むところを決めることが多いため、女性目線から物件を整えることは重要となってくるからです。つまり、家族世帯まで含めた大きなパイを狙えるのが女性の大家さんと言えるのです。 こういった女性目線は物件選びにも生かされます。   何を言っても、マンション投資は物件選びが全てと言っても過言ではないでしょう。物件がだめだとどんなに部屋を良くしても借りてくれる人は現れません。女性ならではの物件選びで成功する可能性は高まるのです。   そして、マンション投資を始める理由で多いのが老後のため、というのがあります。老後に安定した収入を得るためにも使えますし、そのまま自分が住むこともできます。特に女性は、歳をとってからも身だしなみに気を使います。男性のようにはいきません。そこで、こういったマンション投資からの収益により年金以外からの収入を確保することで生活を楽にすることができるのです。   つまり、女性がマンション投資をしたほうが良い理由とは、女性は老後にも必要経費が多く、それを補える収入が必要であること、そしてマンション投資は男性より女性のほうが向いていることが挙げられます。女性である強みを生かしたマンション投資をしてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ