クラウドバンクとクラウドファンディングの違いとは

今注目の投資信託、クラウドバンクとは

今、注目を集めている投資信託に、クラウドバンクというものがあります。

これに似たもので、クラウドファンディングというものがありますが、こちらは何か明確な目的のために必要な費用を募集しているところに対して、賛同する形で資金を援助するものです。

 

よって、資金運用というよりも寄付を募るような場合に使われることが主流になっています。

 

それに対しクラウドバンクは、投資信託と同じように、きちんとリターンがあるのが特徴です。

しかも、今までの投資信託と違い、一体何に対して投資しているのか、内容を詳しく理解したうえで始められるので、とても注目を集めています。

 

株だと、自分の注目する会社や業界に対しての投資をするわけですが、その投資したお金が、実際にどういう形で何に使われているか…ということまでは知り得ないのが実情です。

 

しかし、クラウドバンクの場合は、投資をしてほしいプロジェクトや目的というものが明確で、とても細かいところまで情報公開して資金を募っているので、リスクを回避しやすいです。

本当に有力で将来が期待できるプロジェクトを見極めて投資できれば、かなりの利回りも期待できます。

 

このクラウドバンクは、起業をしたり、プロジェクトを成功させたい人だけでなく、投資する側にもメリットが多く、双方にとって有益な方法として、これからも成長が期待できる分野であることは間違いありません。

このページの先頭へ