クラウドバンクのメリットって何なの?

金利の低い銀行預金よりも高利回りが期待できるクラウドバンクがお勧め

クラウドバンクは少額の資金で好利回りの案件に投資ができると言われているサービスです。

メリットはまさにその点に尽き、従来好利回りの投資案件は大きな資金を必要としていましたが、クラウドバンクであれば自分の投資額が少額であっても、他者の投資資金と合わせて好利回りの投資が可能です。

 

もちろん、他者の投資額と合わせたからといって、配当額が均等になるわけではありませんが好利回りの案件に少額で投資できるので、投資のリスクもそれだけ低いということになります。

 

また、クラウドバンクの場合一般的な銀行や金融機関を介しての投資と異なりインターネットの優位性により中間コストが安価で、その分利益率も良いです。

また、クラウドバンクの主軸となる利益は貸し付けによって発生している為長ければ長いほど顕著になります。

 

逆を言えば短期的に利益を生み出す仕組みではない為、投資額が少額の場合は期待するよりも利益配分は見込めない可能性が高いので、少額で投資ができるといっても短期的に大きな利益を期待している人にはクラウドバンクは向かない可能性があり注意が必要です。

 

むしろ少額であるからこそ短期的な視野ではなく長期的視野で捉えて資金を複利で増やしていきたいという発想の方が、長期安定及びリスク分散にも配慮したクラウドバンクでの投資方法には合致すると思われます。

 

現在、クラウドバンクでの投資は予想年間投資利回りが5.2%とも言われており、利子率の低い銀行にただ預金しているくらいであれば、クラウドバンクで長期的な投資をしてみるのも良いのではないかと思います。

このページの先頭へ